2014年12月18日

妄想恋愛小説

今日は、天竺さん、品田マン、私で合同ライブでした!雪のなか来て頂いた皆さんありがとうございました!
そのライブで披露した新作妄想恋愛小説です☆クリスマスバージョンで書きました♫
これ読んで、キュンキュンして下さい!
※全て私の妄想です。
妄想恋愛小説
「もしも福士蒼汰さんと恋に落ちたら•••」
作:おかちゃん

今日はクリスマス。
「何が恋人がサンタクロースだよ!」
ラジオから流れる曲にイライラしながら車を走らせる。サンタクロースなんているわけないのに。私は、家が裕福ではなかったので産まれた時からサンタさんはいないと教わった。私の家のクリスマスは、ベニマルで買ってきたチキンとからあげにケーキ。プレゼントはなかった。考えてみれば、私はまだクリスマスプレゼントを誰からももらったことがない。じゃぁ、クリスマスって何なんだ。
「おはようございます。はい。えっ!それ私がやるんですか!」
なんと今日の仕事は、ドラマの番宣で福士蒼汰が来てそのインタビューを私がするというなんともたまげた仕事だった。
福 「おはようございます」
やばいまだ何も準備してないのに福士さん来ちゃった。
お 「あっおはようございます。今日インタビューさせて頂きますおかちゃんです。よろしくお願いします」
福 「福士蒼汰です。よろしくお願いします」
あまい笑顔。とろける。
お 「福士さん今日はよろしくお願いします」
インタビューは、無事終わった。
お 「福士さん今日はありがとうございました」
福 「いえ、こちらこそ。僕インタビューとか苦手なんですがおかちゃんが話し聞いてくれたから楽しくできました。ありがとうございます」
お 「いやそんなことないです。では、失礼します」
福 「あっちょっとおかちゃんこの後時間あります?」
お 「えっありますけど」
福 「じゃぁ一緒にご飯行きませんか」
お 「いや。でも今日は•••」
福 「だめですか」
お 「だめじゃないですけど、今日クリスマスですよ。早く帰って大事な人と過ごして下さい」
福 「僕、彼女いないし帰っても一人だし。クリスマス家に一人でいるのもさみしいし。あっでもおかちゃん彼氏•••」
お 「いません。行きましょう」
福 「本当!ありがとうございます」
ぶったまげたことに福士蒼汰と一緒に食事に行くことになった。本当に行っていいんだろうか。
お 「福士さん、今日クリスマスじゃないですか。私と一緒に過ごしていいんですか?」
福 「僕は、おかちゃんと一緒に過ごしたくて誘ったんです。こちらこそ、一緒に食事に行ってくれてありがとうですよ」
なんなんだぁ。このあまい感じは•••。
福 「このお店にしようか」
お 「はい」
おしゃれなイタリアンのお店に入る。さすがクリスマス。お店の中は、たくさんのカップルでうめつくされている。何、店の中でイチャイチャしてんだよ。見てるだけで、イライラする。
福 「おかちゃん何飲みます」
お 「じゃぁワインで」
二人 「乾杯」
二人仕事の話し、趣味の話しなどたわいのない話だけど夢のような時間だった。そんな幸せな時間を過ごしていたのに。
女 「あの、福士蒼汰さんですか?」
一人のお客さんが福士君に気づいて話しかけてきた。
福 「はい」
女 「えっすごい。ホンモノだぁ〜。えっ何でここにいるんですか?うわぁかっこいい。えっ握手してもらってもいいですか。キャ〜」
お店の中が、いっきに蒼汰君の写真撮影会と変わってしまった。私は一人会計をすませ店を出た。
福 「おかちゃん、ここにいたんだ。店の中見渡してもいなくて心配したよ」
お 「ごめん。私、邪魔かぁと思って出て来ちゃった。やっぱ蒼汰君人気だね」
福 「ごめんね。もっと二人で話してたかったのに」
お 「しょうがないよ。じゃぁ帰ろうか」
福 「あのさ、おかちゃん。急にこんなこと言うの変だとおもうんだけど、僕と付き合って下さい」
お 「えっ!何言ってんの?冗談でしょ」
福 「いや。本気だよ。今日、おかちゃんに出会ってこんな心の優しい子いるんだと思って。おかちゃんとずっと一緒にいたい」
お 「無理だよ」
福 「何で」
お 「何でって。私と蒼汰君だよ。全然つり合わないよ。もっとかわいい子と付き合った方がいいよ」
福 「僕は、おかちゃんと一緒にいたい。付き合って下さい。お願いします」
お 「本当に私でいいんだね。へそ臭いよ」
福 「そんなの気にしないよ。おかちゃんがいい」
お 「じゃぁはい」
福 「本当に!ありがとう!やったー!あっ僕からクリスマスプレゼント」
と言って彼は優しく頬にキスをプレゼントしてくれた。
終わり。
皆さんに素敵なクリスマスが訪れますように(≧∇≦)


posted by あゆみ at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユーモアのある恋愛小説面白かったです^_^来年もクリスマス間近に書いてください(笑)。
Posted by romi* at 2014年12月19日 07:31
へそクサイヨわろた
Posted by ふくこ at 2015年10月13日 03:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。